loading

 
首頁 > 客風生活 > 衣飾布具

手機袋


 
自1932年至今,從未離開過工作崗位的謝景來老先生,主持傳統客家藍衫的店鋪「錦興行」屹今已近四分之三個世紀。樸實耐穿的藍衫是昔日客家婦女的主流服飾,寬袖、大襟、寬褲管的形式是為了便利田間勞動,雖不甚時髦,但是在燠熱的南台灣卻顯得質樸而清爽。現在還可見老先生穩健的手,握著那把跟著他一生的剪子,秉持傳統、遵循古法,一尺一吋地裁量,一針一線地縫製每一件藍衫,為客家婦女留下精緻可愛、實用又耐穿的客家風韻。
 
Since 1932, the owner of Jin Sing Hang Clothing Sie Jing-Lai has been making traditional Hakka clothing for more than three fourth of a century. In the past, the simple but long-wearing Hakka blue shirts were widely worn by Hakka women. Broad sleeves, collar and trousers were designed for easier movements when working in the fields, and they appeared to be simple and refreshing in the hot Southern Taiwan. Until now, you can still see the steady hands of Mr. Sie holding the very only scissors of his life, inch by inch, stitch by stitch, making every Hakka blue shirt. Mr. Sie and his Jin Sing Hang Clothing dearly kept the delicate, practical and durable traits of Hakka clothing.
 
謝景来おじいさんは、伝統的客家青シャツの店「錦興行」を経営してすでに一世紀の四分の三が過ぎました。1932年から現在まで、現場を離れたことはありません。質素で丈夫な青シャツは、昔の客家女性たちの代表的な服装であり、ゆったりとした袖、大きな襟、幅広パンツの形式は、田畑での労働に適しています。決してファッショナブルとは言えませんが南国台湾ではその質素なさわやかさが引き立ちます。現在でもおじいさんが生涯を共にしたはさみをしっかりと握る姿が見られます。伝統にこだわり、伝統製法を守りながら一尺一寸裁断し、一針一針青シャツを縫います。客家の女性たちに可愛くて仕立てがよく、実用的で丈夫な客家の風格を与えています。
 

產品規格
大15x15cm 小10x10cm
 
供貨廠商
錦興行藍衫店

購 買 訊 息

網購價:NT$ 500  

剩餘量:2 ( 依結帳順序優先購買 )

購買數量:

總金額:

購物車內容
最近瀏覽的商品
商 品 QRCode
QRCode
大家都喜歡的商品